思春期の今だから、むだ毛の悩みは深いのです

体毛が薄い人には、ムダ毛で悩む人の気持ちはきっと分からないと思います。

 

特に、学校生活を送る中で、ムダ毛が気になって困ったしまう場面というのは、本当に辛いものです。
これは、私自身も体験したことがあるので、気持ちは良く分かります。

 

CMなどの効果もあってでしょうか?
脱毛サロンに通っている未成年者は、年々増えているようです。

 

気になる部位だけ脱毛する人も多いですが、全身まとめて脱毛する人も結構多いんですよね。
それだけ、脱毛サロンというのが、ずっと気軽に通える場所になったということなんでしょうね。

 

エステで脱毛することで、ムダ毛の悩みから解放されたら、本当に幸せだと思います。
「学校生活がガラッと変わる」と言っても、きっと言い過ぎでははいはず。

 

それくらい、悩んでいる本人にとってはとても深刻なことなんですよね。

 

今は、脱毛サロンも沢山あるので、大いに利用したらいいと思いますよ。

 

特に、格安キャンペーンのプランなどは、本当に激安料金で脱毛できたりしますからね、要チェックです。

 

脱毛ラボについて、詳細は公式サイトでご確認ください

 

未成年者が脱毛ラボを利用する方法

若い年齢層に、特に人気のある脱毛サロンが「脱毛ラボ」です。

 

二十歳未満の人でも、きちんと条件をクリアしていれば利用できますよ。

 

親権者の許可が必要です

 

これは、どの脱毛サロンにもいえることですが、未成年者の利用に際しては「親権者の承諾」が必要になります。
そして、それを証明するための「親権者同意書(承諾書)」をサロンへ提出しなければなりません。

 

脱毛ラボの場合、この同意書はウェブ上でもダウンロード出来るようになっています。
(⇒ここから「脱毛ラボ同意書」へアクセスできます)

 

保護者同伴で脱毛ラボのカウンセリングへ行く場合

 

同意書は、カウンセリングの際にその場で記入することが出来ます。
それでも、事前に用意しておきたければ、同意書を印刷して持参しておくといいですね。

 

脱毛する本人も、保護者の人も、本人確認の証明書(免許証、保険証、学生証など)を忘れずに持参してください。
署名捺印に必要な、印鑑も忘れないでくださいね。

 

保護者なしで脱毛ラボのカウンセリングへ行く場合

 

脱毛ラボ同意書は、必ず持参してください。
カウンセリング当日に、親への電話確認もされますので、連絡先をきちんと記入して電話に出られるようにしておいてもらいましょう。

 

親権者同意書は、手書きでもOK!

 

自宅にプリンターが無い場合、コンビニのネットプリントサービスを利用するという方法もあります。
また、わざわざコピーしなくても、脱毛ラボ承諾書と同じ内容が書いてあれば、手書きでも大丈夫ですよ。

 

大切なのは、「確かに、あなたの保護者が許可していることを明記すること」です。

 

いきなり全身脱毛するのが心配なら、お試し脱毛してみては?

 

脱毛ラボは、全身脱毛専門店なのですが、お試し感覚で単発脱毛も出来ますよ。
とりあえず、試してみたいという人は「単発脱毛プラン」から始めてみるのもいいかもしれませんね。

 

脱毛した分だけ支払う「都度払いシステム」ですので、脱毛ラボ初心者でも安心です。

 

脱毛ラボについて、詳細は公式サイトでご確認ください