親の許可をもらおう!

親権者の同意があれば、高校生でも脱毛出来ますよ!」

 

未成年者が脱毛ラボに通いたい場合、「親権者同意書」を提出しなければなりません。

 

同意書は、ネットでダウンロード出来ますので、事前に準備しておくと楽ですね。

 

そして、可能な限り脱毛ラボのカウンセリングへは親権者と一緒に行きましょう。

 

その方が、契約するとなった時の手続きもスムーズですし、何より親御さんもお店の人も安心です。

 

無理な場合は、同意書を持参したうえで親権者へ確認の連絡が入るので、電話に出られるように頼んでおきましょう。

 

月額制だから支払いがラク♪

脱毛ラボに通っている女性の中で、学生さん達の割合は多いです。

 

それはやっぱり、「脱毛料金が安くて、支払いが楽」なところがポイントだと思います。

 

脱毛ラボが、高校生でも利用しやすい理由のひとつが「月払い制」の料金システムです。

 

キャンペーン中の今なら、こんなにお得に始められます♪

 

今月の脱毛ラボ・キャンペーンをチェック!

 

Ez1,980~iŔjuIׂ12Eсv4ĚII

Ez3,980~iŔjuSg48Eсv4ĚII

 

 

毎月の脱毛料金が安ければ、高校生でも自分のお小遣いで支払が出来ますね?

 

中には、アルバイトをしながら脱毛に通っている高校生もいるんじゃないでしょうか?

 

自分の脱毛代は、自分で用意する。

 

そうすれば、親の理解も得やすいと思います。

 

回数パックだとお友達と分け合える♪

脱毛ラボの支払い方法は、月額制だけではありません。

 

通う回数を決めて、脱毛料金を一括払いする「回数パックプラン」も人気があります。

 

回数パックプランとは?

  • 早く脱毛を終わらせたい人におススメの、回数指定のプランです。
  • 全身脱毛1回分が一度のお手入れで終わるので、何度も通う必要なし!
  • 最短で2週間に1回通える、スピード脱毛プランです。
  • 選べる部分脱毛の場合、脱毛部位を途中から変更できます。
  • 回数の追加もOK♪

 

しかも、この「パックプラン」、お友達と回数と料金をワリカン出来るんです!

 

パックプランは、脱毛回数が多くなればなるほど、1回あたりの脱毛料金は割安になります。

 

しかし、回数が多い分支払いの負担は大きくなります。

 

その支払いの負担をお友達とシェア出来るというサービスが、脱毛ラボの【脱毛シェア】です!

 

たとえば、6回脱毛する場合で考えてみましょう。

 

ひとりで6回パックを購入するよりも、お友達1人と一緒に12回パックを購入した方が、脱毛の単価はずっと安くなります。

 

一人あたりの支払い金額も、12回パックをシェアした方が割安になるというわけです。

 

一人よりも二人、二人よりも三人、お友達の数が多ければ多いほどコスパは高くなってきます。

 

もしも、脱毛ラボで脱毛したそうなお友達がいたら、一度「シェア割」の話をしてみるといいかもしれませんね。

 

実はこれ、業界初の新しいサービスです♪

高校生の全身脱毛、アリでしょう!

最近の高校生は、女優さんみたいにキレイにしている女性が多いです。

 

だから、美容に関しても大人にも負けていないぐらい知識も豊富で肌のケアもしっかりしています。

 

脱毛も早い人だともう全身脱毛をしている高校生もいるほどです。

 

高校生活の中で、肌を露出しなければならない場面は沢山あります。

 

まず、制服のスカート、ひざ下のムダ毛が気になりますね。

 

次に、体操服や水泳の水着、隠したくても隠せないムダ毛が憂うつです。

 

毎日の部活動で、露出の多いユニフォームを着なければならい子もいるでしょう。

 

いろんな場面で、ムダ毛に悩まされている高校生は多いと思います。

 

個人的には、高校生のうちに脱毛を始めてしまった方が楽だと思います。

 

まず、ムダ毛のことを気にして学校生活を送らなくて良くなります。

 

次に、コンプレックスが解消されることで毎日の生活がもっと楽しくなります。

 

また、高校生のうちに脱毛をしておくことで、その後の人生において自己処理による肌のトラブルも防げます。

 

今は、スピード脱毛の時代です。

 

脱毛ラボには、最短で2週間に1度お手入れできるプランもあります。

 

たとえば、6回パックプランを月一回のペースで通うとした場合、たったの半年で脱毛が終わることも可能です。

 

脱毛ラボのスピード脱毛を可能にしているのが、超高速の脱毛マシンとジェルやローションといったケア商品です。

 

毛周期に関係のない肌への刺激が少ない脱毛法なので、多くの若い女性達に喜ばれています。

 

その中にはもちろん、高校生も含まれていますよ♪